ファブリックシートの貼り方


○貼れる場所

 

▶室内の塗装面全般 ▶ビニールクロス全般 ▶メラミン材質面 ▶滑らかな木面 

 

※一回のみ貼れる場所

▶ガラス面 ▶プラスチック面 ▶鉄面

(剥がす際に素材が伸びてしまう場合がございます)

○貼れない場所

 

▶砂壁 ▶突起がある壁面 

▶紙素材(紙が接着面から剥がれなくなる場合がございます)

 


1.位置を決める&清掃

・貼りたい場所をメジャーで測って目印をつけます。

・貼る場所を乾いた布でホコリや汚れをふき取ってきれいな状態にしてください。

※汚れや水分が残っていると、ステッカーの粘着が弱まります。

2.貼り付ける

・トップ部分の台紙をゆっくり剥がし、目印の位置に貼り付けます。

※台紙は一度に全て剥がしてしまうと、糊面同士が貼り付いてしまう場合がございますのでご注意ください。

3.空気を抜く

・空気が入った場合は、手で押すと表面から抜けていきます。もしもシワができた場合は、その部分を一度剥がしてもう一度貼り直してください。


4.柄を合わせる(分割時)

・リピートや分割の場合は柄を合わせながら同じように貼っていきます。

5.完成

・貼り直しが出来るので、剥がして別の場所に貼ることも可能です。


糊無しガラスフィルムの貼り方


《ご用意いただくもの》☆霧吹き ☆タオル ☆スキージ(ゴムやプラスチックでできたヘラ)または、クレジットカード当プラスチック製の平らで硬いもの

1.位置を決める&清掃

・貼る場所を決め、マスキングテープで目印をつけます。

・貼る場所を乾いたタオルで拭き、ホコリや汚れをふき取ってきれいな状態にします。

2.霧吹きをする

・貼る面に水をスプレーします。(中性洗剤を水に数滴入れておくと滑りが良くなり位置調整がしやすくなります)

※中性洗剤入りの水 中性洗剤と水 1:50の割合

3.貼り付ける

・シートのトップ部分の台紙を剥がし、マスキングテープの目印に合わせてシートを貼り付けます。(滑りが悪い場合は、洗剤の料を少し増やします)


4.水を抜く

・シートと貼り付け面の間にある水をスキージを使って抜き出し、圧着させます。(完全に水分が外に出るまで1.2日かかる場合がございます)

・周りに残った水分を乾いたタオルでふき取ります。

5.柄を合わせる(分割時)

・分割の場合は、柄を合わせながら同じように貼っていきます。

6.完成

・貼り直す際は、そのままシートを剥がすと再度貼り直しすることができます。


カッティングシートの貼り方


《ご用意いただくもの》☆マスキングテープ  ☆スキージ(ゴムやプラスチックでできたヘラ)または、クレジットカード当プラスチック製の平らで硬いもの

1.シートに転写させる

シートを透明転写シート側へ移動させます。テーブルの上やフローリングの床など、安定して平らな場所にシートを裏返しにして置きます。スキージやクレジットカード等でしっかりと体重を乗せて台紙全面をこすります。

2.白い台紙から剥がす

端からゆっくりとめくり、白い台紙から剥がします。

※細かい模様など、部分的にグラフィックが台紙から離れないことがありますが、そのような場合は少し戻って透明転写シートへもう一度押し付けます。

3.カッティングシートを貼る

透明転写シートの端2箇所を持ち、平行を合わせます。片側をしっかりとなでつけ、シワや空気が入らないようにします。そして残り全体もなでつけます。


4. スキージでこする

スキージでよくこすり、壁面にしっかり貼り付けていきます。

5. 透明転写シートを剥がす

シートが壁に貼り付いたら、ゆっくりと透明転写シートを剥がします。端から少しずつ、壁面に沿うようにして剥がしていきます。もしグラフィックがシートにくっつく場合は、4と同じように剥がすのをやめ、少し戻して押さえつけてからまた剥がしていきます。

6.完成